amazonの電子書籍【kindle】に関する情報をまとめたサイト。快適な読書ライフを!

ふわふわライフハック

運営者情報

はじめまして!

当ブログをご訪問頂きありがとうございます。

読書大好き!本がないと生きていけない管理人、サンディです。

数あるサイトの中から、当サイトに行きついてしまったあなた様との出会いに感謝致します。

このサイトのテーマと目的

amazonの電子書籍端末kindleを使用した感想や、お役立ち情報を公開しています。

kindleが発売されてから、すでに10年以上たちます。

大画面のkindleDX

発売当初は、

「これで現代の読書スタイルが大きく変わる!」

「紙の書籍が消える!本屋が廃業する!?」

と騒がれていたkindle。

実際には、紙の書籍と共存する形で地味に生き残ることになりました。

電子書籍は紙の書籍のようにかさばらず、価格も少し安め設定されていることが多いです。

そのため、利便性やコストの面から一気に普及するのでないか!?と思われましたが、一般消費者が求めたのは、読書の利便性よりも、読書スタイルの多様化だったのだと思います。

私もkindleと紙の書籍を併用する形で、読書ライフを楽しんでおります。

kindleリーダー購入後:生活の変化

kindleを購入して以来、もはや生活に欠かせないツールになっています。

紙の書籍を欲しいままに購入していると、部屋中に本が積み上がり、管理が大変なことになります。

旅行や外出先で読みたいと思っても、本一冊携帯するだけで荷物が重くなり、肩こりや疲労の原因にもなることも・・。

外出先でも読みたい本、デザインの美しさがそうでもない本、kindleで大幅に安く買える本、漫画などは積極的に電子書籍ヴァージョンを購入しています。

電子書籍を読める専用リーダーはkindleだけではなく、楽天koboなど他にもいくつかあります。

私がキンドルを選んだきめ手は、使いやすさ、視認性の快適さ、端末価格がお手頃、という点です。

特にkindle専用端末は、電子インクによって文字や画像を表示しています。

他のタブレットでは、発光する光によって文字や画像を映し出す仕組みのため、どうしても画面がギラつき、長時間視聴すると目が非常に疲れます。

昨今は電子機器のディスプレイから発光されるブルーライトが、目の網膜にダメージを与えるのでは?と危惧されています。

タブレットやスマホで電子書籍を2時間読んだ後と、kindleで電子書籍を2時間読んだ後、目の疲れ度合いが全然違うことを体感しました。

大画面のkindleDX
一番目に優しい画面の電子書籍端末は?

私が電子書籍に求める機能は、 画面が大きめ 目にやさしい ページ送りが早い だけで十分です。 私は普段仕事で目を酷使しているので、電子書籍は眼精疲労軽減という点にこだわります。つまり目にやさしい画面が ...

続きを見る

kidleは読書を長時間する方や、疲れ目に悩む方には最適だと感じます。

数年ごとにNewモデル出て、アップグレードされていますが、ソフトウェアは古い機種でも更新されるので、購入後も長く使い続けられます。

また、キャンペーンを利用して購入するのと通常のまま購入する場合では、実質価格に大きな差が出るのもkindeの特徴です。

キンドルを100%使いこなし、快適な読書ライフを実現するには、

  • kindle端末自体の機能や特徴
  • 最適な(安く買える)購入方法
  • 連動サービスの活用(読み放題など)

の知識が役に立つと思います。

このサイトでは、私が実際にkindleを利用したきた中で、役に立った情報や裏技、不満点なども赤裸々に書いています。

kindle端末の比較
【電子書籍端末購入後の感想】おすすめのkindle端末のスペックを比較してみた

電子書籍は日本では流行らない、定着しない、紙の本しか買わない、という声もありますが、私は電子書籍は徐々にこれからの「本」として定着していくと感じてます。 それとセットで電子書籍専用端末も一般的になって ...

続きを見る

kindleをすでに購入されている方、これから購入しようと考えている方の少しでも参考になれましたら嬉しいです。

便利な次世代電子書籍リーダー、kindleを100%使いこなして、

快適な読書ライフを楽しみましょう♪

どうぞ、よろしくお願い致しますm(__)m☆

プロフィール

運営者:サンディ

性別:女性

年齢:ヒミツ♪

趣味:読書、ライフハック研究

ブログ運営歴:8年

お問い合わせ

お問い合わせは⇒コチラよりお願い致します。

更新日:

Copyright© ふわふわライフハック , 2019 All Rights Reserved.